スキンケアで肌は変わる

鏡を見る女性

自分の肌に合うもの

乾燥肌は様々な肌トラブルを引き起こす原因になり、メイクのノリも悪くさせてしまうので、毎日のスキンケアで改善させる必要があります。化粧水や乳液でさっぱりとしっとりがあれば、しっとりタイプのものを使用すると良いです。しっとりタイプのものにはより多くの保湿成分が含まれているので、それを使って肌のお手入れを行うことで、乾燥肌の改善が期待できます。しかしそれだけでは改善できないこともあります。その場合は保湿力の高い美容液を使用するのがおすすめです。乾燥肌の改善にはセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が効果的です。美容液にセラミドなどの成分が入っていれば、どれでも良いのかと言うとそうではありません。保湿成分の配合量などにも注目して選ぶようにします。乾燥肌には摩擦などの刺激は大敵なので、お手入れの際には注意が必要です。例えば顔をゴシゴシと強く洗い、タオルでゴシゴシと拭くのは、肌への強いダメージがあるので気を付ける必要があります。また化粧水や美容液などの肌のお手入れをする際には、1つのアイテムをじっくりと浸透させることが大切です。特別な道具はいないのですが、手のひらでじっくりと成分を浸透させるようにします。肌が手のひらに吸い付くようにされば、美容液などの保湿成分がしっかりと肌の奥まで浸透したという目安になります。乾燥肌の人は肌が敏感になっている場合が多いので、美容液を選ぶ際には保湿成分だけでなく、肌に優しいものを選ぶのがおすすめです。